コラム:トレーニング時の気持ち

昨晩 7月9日の定期セミナーに御参加下さいました皆様、ありがとうございました。

いわゆる「筋トレ」を実施時の回数などに関して、見直して頂ける機会になっていましたら幸いです。

いわゆる「筋トレ」の目的がはっきりしないままトレーニングを進める事は、効果に繋がらずパフォーマンスを低下させてしまう危険性も持っています。

チャンと効果を上げるためには、 先ずは、Motion under Controlを身に付けましょう。

まずそこからです。 エラー動作の少ない、より正しいフォームです。

 

 

トレーニングはハードなものです。

ハードに実施するからこそトレーニングです。

精一杯行うからこそ溢れ出る充実感があります。 それこそが将来の人生を豊かにしてくれます。

きついトレーニングこそ気持ちよく楽しく実施出来るトレーニングパートナーの存在は、お互いを伸ばしあうシナジー効果を作り出してくれます。

お互いをリスペクトしながら、相手を尊重しながら行って頂ける事を心から願っています。

 

写真は昨日のセミナーで使用しましたデバイス。

速度やパワーを計測する「フィットロダイン」です。

記事紹介:Tarzanから

トレーニングジムを御利用頂きます際の基本的なマナーが、Tarzanの記事に紹介されています。
是非是非ご一読ください。

https://tarzanweb.jp/post-176086?fbclid=IwAR1euK_EUZqNGueNFdmkhJQ0-XvID4EHtn-etCYHhf_bAV9SZhLx-W1MV9w

 

最後の15番は、お互いに気持ちよくジムを使って頂くために必要なだけではなく、汗が体にベッタリ付いている状態は熱中症のリスクも高まります。

 

少なくても、前に使用された方の汗が明らかに残っているベンチに寝転ぶのは、どなたにとっても気持ちのいいものでは無いと思います。

コラム:「勝者と敗者のふるまい」

「勝者と敗者のふるまい」

勝者は敗者に敬意を払い、
敗者は勝者をたたえる。

噛み砕きますと、
勝者は敗者にお礼を伝え、
敗者は勝者に賛辞を贈る。

グローバルスタンダードだと思います。

競技種目によってそれぞれの文化が有りますが、スポーツ種目によっては相手をののしる事が当たり前になってしまっている種目も有ります。
とても残念です。。。
小学生世代においてもみられますが、もちろん同じ種目におきましてもチームによっても異なります。

尊敬しております岐阜経済大学の高橋教授が関連する記事を書かれていらっしゃいます。
是非ともご一読ください。

前編
https://www.sakaiku.jp/series/growth/2018/013575.html

後編
https://www.sakaiku.jp/series/growth/2018/013575_2.html

記事紹介:「座位による健康被害は、喫煙に匹敵する」

「座位による健康被害は、喫煙に匹敵する」
元記事はコチラ
http://diamond.jp/articles/-/61138?display=b

記事によりますと、
「わずか1時間の座位で血液を循環させるのに必要な血管の機能が50%も低下する」
と記載されております。
たった1時間の座位だけで!
wmn0145-001

<ちょいトレ塾>では、コンセプトにも掲げさせて頂きております、
「長時間のデスクワークは、喫煙よりも健康を害する」
事から抜け出すお手伝いもさせて頂いております。

----------------------------

<ちょいトレ塾>=少し体を動かしたい方の運動塾
(決してハードでは御座いません。念の為。)

スローガン
「カラダを動かしてリフレッシュ!」

コンセプト
 みんなでカラダを動かしましょう
 ココには運動するチャンスがあります
 カラダを動かす事は財産です
 長時間のデスクワークは、喫煙よりも健康を害します

----------------------------

寒い季節ですので、手袋のご準備をお勧めさせて頂きます。

1回参加型です。
月会費制度では御座いません。
ご都合のよろしい時・気が向いた時などに、気軽に御参加下さいましたら幸いです。

次回は、
2017年2月9日(木)20:00開始
お申し込みは以下のリンク先からお願い致します。

<ちょいトレ塾>毎週木曜20:00開始(不定休有)
https://coubic.com/falcogifu/120967

お気軽な御参加をお待ちしております。

Hawaiiトレーニングキャンプ 4

Hawaiiトレーニングキャンプ最終日の夜は、宿泊先のフィットネスセンターでマシンとケーブルのトレーニングを行いました。 DSC00372

Sheraton Fitness center シェラトンフィットネスセンター

 偶然その場に居合わせたアメリカの若い方が「一緒にやろうぜ」的な感じで誘ってくれましたので、変な日本語を話すアメリカ人と、よくわからんカタコト英語の日本人(=私)の二人でイイ感じのトレーニングセッションになりました。 DSC00364

そのアメリカ人。
それほどゴツくはない体型でしたが(身長は私と同じくらいでしたが、厚さは違います)、ダンベルプレスを数回やっただけで高重量をガンガン上げ始めました。
どうやらそれがウオームアップ=WUPだったらしいのです。
WUPに掛ける時間の短さも色々考えさせられました。
160907-1
でもってセット間レストピリオド以外にはとにかく休まないんです。
次から次へと要領がいい。と言うよりも体力がすごい、
とても楽しいワークアウトになりました。

160907-2

DSC00370
DSC00368
DSC00359
DSC00363
DSC00371