Hawaiiトレーニングキャンプ 4

Hawaiiトレーニングキャンプ最終日の夜は、宿泊先のフィットネスセンターでマシンとケーブルのトレーニングを行いました。 DSC00372

Sheraton Fitness center シェラトンフィットネスセンター

 偶然その場に居合わせたアメリカの若い方が「一緒にやろうぜ」的な感じで誘ってくれましたので、変な日本語を話すアメリカ人と、よくわからんカタコト英語の日本人(=私)の二人でイイ感じのトレーニングセッションになりました。 DSC00364

そのアメリカ人。
それほどゴツくはない体型でしたが(身長は私と同じくらいでしたが、厚さは違います)、ダンベルプレスを数回やっただけで高重量をガンガン上げ始めました。
どうやらそれがウオームアップ=WUPだったらしいのです。
WUPに掛ける時間の短さも色々考えさせられました。
160907-1
でもってセット間レストピリオド以外にはとにかく休まないんです。
次から次へと要領がいい。と言うよりも体力がすごい、
とても楽しいワークアウトになりました。

160907-2

DSC00370
DSC00368
DSC00359
DSC00363
DSC00371

ご報告:Hawaiiトレーニングキャンプ 3

ある朝のGYMトレーニング(24Hour fitness Wikikiにて)
ゴツイ体のお兄さんや引き締まったお姉さまたちだけではなくご高齢と思われる方々も淡々とトレーニングされていらっしゃいます。
 「トレーニングにモチベーションはいらない。日常生活の一部だから。」
ココにいますと、この言葉を実感します。
160905-1
24Hour fitness Wikikiで、ラットプルダウン中。目の前を通過されますご年配のトレーニー。
私自身の少ない海外トレーニング経験から感じる事ですが、日本ではスポーツ自体が特別な事でありイベントです。やること自体に意気込みを持って向かって行く。
それに対してHawaiiを含めアメリカのGYMで感じる事は、GYMに来ている方々はトレーニングが日常生活の一部になっている感じがします。

160905-2

24hour fitness Wikikiで、ハードにカーディオマシンを使っていらっしゃる女性(スタイル抜群)

Hawaiiトレーニングキャンプの際に出会ったロコの皆さんと話してみると「エクササイズ大好き!」とおっしゃっていました。

「どうして?」
と聞いてみますとその答えは、
「だって楽しいから!」
トレーニングやスポーツに対する価値観なのか文化なのか。
大きな違いを感じております。

Fort DuRussy Beach Park160905-3

 Fort DuRussy Beach Parkでエクササイズ大好きなロコガールと。


「トレーニングにモチベーションは要らない。生活の一部だから。」
体操の白井選手は、
「(器械体操の)床に向かうのは、トイレに行くのと同じ。」と言った言葉をおっしゃっていましたが、同義だと思っております。

ご報告:Hawaiiトレーニングキャンプ 2

Waikikiでのトレーニング。
参加選手の皆様は、初日のトレーニングから体はバッキバキになられた事と思いますが、ひとつひとつに全力で向かってくれてありがとうございました!
DSC_139724hour fitness 1階ショップ&入口
24hour fitness Wikiki では、
・体の大きさ(身長では無くボリューム)の違い。
・使用重量。
・次から次へと自分のペースでやり続ける姿勢。
など、色々見る事が出来たのではないでしょうか。
160902-01
24hour fitness の WOODWAY(自走式トレッドミル)
どんなスポーツ種目でも、現在既にその傾向がみられますが、パンチ力のある強いフィジカルが要求されます。
言い換えると「あたり強さ」が適切でしょうか。
 「フィジカルの不足分をテクニックや組織力で補う」と言うのが日本では頻繁に耳にしますが、正直言いましてフィジカルの差が大き過ぎてとても不可能だと感じています。
フィジカルが不足しているならば、フィジカルを強くしましょうよ!

160902-2

みなさん全員が海外選手とプレーをするわけではありませんが、逆に言えば日本国内で戦うのであれば、あの様なフィジカルを持っていればそれだけで大きなプラス要素になるのではないでしょうか。

160902-3

皆様に強いフィジカルを身に付けて頂く為。
毎週月曜の 「鬼トレ塾」 では「圧倒的フィジカル」をスローガンにして皆様のご参加をお待ちしております!

みんなで強いフィジカルを手に入れましょう!

初回無料体験あり。
学割有
毎週月曜 21:45開始
持ち物:室内シューズ・動ける服装・飲み物・アツい気持ち

ご報告:Hawaiiトレーニングキャンプ 1

2016年7月29日から約1週間、ハワイでのトレーニングキャンプを主催して参りました。

複数回に分けて報告させて頂きます。
160901-01

今キャンプの目的。

  • 日常から離れた環境で高強度高頻度トレーニングを実施する事で、breakthroughブレイクスルーの機会を作る。
  • 最大の目的は、日本との「違い」に触れる事。
160901-0224fitness Wikiki
選手に同行くださいました家族の皆様も含めて、とても充実して頂けたようでした。
皆さんに「少なくてももう一回行かなければ!」と言って頂けましたので、次のHawaiiトレーニングキャンプは3年後に予定します。
DSC00075
Shore Bird Restaurant & Beach Bar前のビーチで同行の子供達
参加選手に感じてほしかった最大事項。
「日本とはトレーニングに対する価値観が全く違う事を感じ取ってもらう。」
 
選手の皆さんはGYMに入ったその時に「体のボリュームが違う」と感じたようです。
実際にトレーニングが始まると、
「扱っている重量が違う」
「ヘビーウエイトだけではなく、ムーブメントスキルトレーニングを行っている方も多いが、何れもハードにやっている」
「トレーニングを行う事が一日の生活の中に溶け込んでいるような感じ」
「1rep目から全力」
「混雑していてもマシンの順番待ちが起きない」
などなどでした。
160901-03
24fitness Wikiki
また、日本にお住いのお知り合いの方々から、
「トレーニングなんて日本でも出来るのに、何でHawaii???」と質問されるそうですが、参加頂いた皆さんはこの様にも感じて頂けた様子です。
「想像以上の価値があったが、それはやった人しかわからない事。」
 
私の仕事としては、これらの事(価値)をどうやって告知していくか?だと考えております。。。 

160901-04

Fort DeRussy Beach Park
ちなみに開催地と規模を変えながら毎年実施を計画します。
2017年は、春休み期間に 国内。
2018年は、時期未定ですが国内。
2019年=3年後は、Hawaiiで再実施!
皆様、今から貯金をよろしくお願い致します!!!
DSC_1332
午前中に利用したトレーニングGYM 24hour fitness Waikiki